人手不足は国全体の問題

ナースのニーズが飛躍的に伸びてきています。その背景にあるのが、日本を取り巻く構造的な問題だといわれています。高齢化社会の進行により、さまざまな分野に大きな影響が出始めてきており、医療機関においても人手不足の問題が顕在化してきています。医師やナースはもとより、薬剤師や介護士にいたるまで、医療従事者の担い手不足は深刻化を増してきています。むろん、この問題については、政府も無視をすることはできない問題だということは把握しており、厚生労働省はもとより、関連省庁において、喫緊に取り組むべきとして、対策を講じているといいます。これだけの事態に見舞われることによって、医療従事者の婚期も遅れがちになっているという指摘をする人もいます。特にナースについては、人の生命を預かる仕事であるだけに、早番や遅番、夜勤などと昼夜を問わない勤務時間などから、異性との充実した時間をとることなどが難しいとされ、結婚のチャンスを逃しているのではないかともいわれています。そんな中において、先輩や同僚たちなどが、合コンパーティーなどを企画するなどして、異性との出会いの機会をセッティングするなどということもあるといいます。むろん、結婚がすべてでないという意見もあり、現に、生涯を独身で過ごすという人が多くなってきているのも事実です。今後においても、少子化や待機児童問題、生産労働人口の減少など、多くの問題に直面しているのは事実であり、なお一層の女性の活躍が期待されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です